表札のユニット部分を確認しましょう

マンション表札のイメージ写真です

マンション表札は賛否両論

マンションの表札は戸建て表札とまた違います。 マンションによって表札を取り付けるユニットが違います。 なので、購入する前には自分のマンションのユニットがどのようなものなのか確認する必要があります。

タイプは大きく分けて2つあります。 1つは差し込みタイプです。 1番定番なものは部屋番号と同じように、取り外しが出来るタイプです。 サイズは縦が50mm、横が145mmです。 念の為に長さを測ってから買いに行きましょう。 その他になはめ込みんで取り付けるタイプのものが多いでしょうか。 はめ込み式は表札をはめ込み、上下で固定され後ろから前に押し出されるようなカチッとハマるものが一般的です。 簡単なものなら紙を上から差し込むだけのものもあります。

差し込み式以外ではマグネットタイプのものがあります。 マグネット式のものは、ユニット部分に磁石が付いており、そこに表札を貼れるようになっています。 ユニットによって磁力の強い物と弱い物があるので注意しましょう。 マグネットタイプだと、取り外しも容易になります。 差し込み式やマグネット式以外にもマンションに寄って違う種類のものがあるので事前にちゃんと確認しておきましょうね。

また、マンションでは防犯面やセールス対策で表札を付けない方も多いですが基本的には表札な付けておいた方がいいと思います。 郵便屋さんも配達しやすいですし、知人・友人が訪ねてくる時も表札を目印にして部屋が合っているか確認すると思いますので、表札を付けている方が親切なのではないでしょうか。 マンションに寄って住人が表札を付けているところと、付けていないところが多いところとあると思うので、そのマンションでの状況を確認してみるのもいいかもしれませんね。

マンションで表札を付けるなら、是非お気に入りの表札を見付けて飾ってみてくださいね。 お気に入りのものを見ると自然と気持ちも幸せな気分になるかもしれませんね。 マンションの表札のバリエーションも最近は増えてきていますので、お気に入りのものも見付かるでしょう。